脱毛のイイところワルイところ

女性なら誰でも気になる!妊娠中や授乳中の脱毛は可能なのか

女性なら誰でも気になる!妊娠中や授乳中の脱毛は可能なのか

脇脱毛は、やはり夏の薄着になるシーズン前にやりたい方が多いようです。
ノースリーブやタンクトップを着たときに、脇の下がきれいな人はそれだけで上品な感じがします。
プールや海に行ったときに脇脱毛してあれば、脇の下を気にしなくても良いですから、すっごく楽ですよ。

 

妊娠するとホルモンのバランスが崩れて、ムダ毛にも変化があらわれることがよくあります。
その変化は人によって異なりますが、ムダ毛が濃くなる人もいれば、薄くなる人もいて、程度の差も人によってまちまちです。
薄くなった場合は特に問題はないかもしれませんが、厄介なのは妊娠してからムダ毛が濃くなってしまった場合です。
妊娠しているとはいえ、身だしなみが気になる女性としては、やはりムダ毛を処理したいと考えるのは当然のことでしょう。

 

ただし、脇脱毛の口コミなどをみてみると、いろいろと注意すべきところもあるようです。
たとえば、
「脇脱毛したけど、思ったようにきれいにならなかった」
「脇脱毛したら、広告に記載されている以上の追加料金がかかり、ずいぶんと高くついてしまった」
「脱毛自体は良かったが勧誘が多くてうんざりだった。」

 

そこで、脱毛エステを利用しようと思っている妊婦さんもいるかもしれませんが、妊娠中は脱毛エステを利用することはできません。
一般にも、「妊娠中に脱毛エステに行くのはよくない」と言われていますし、現に、ほとんどの脱毛エステでは、妊婦さんの脱毛はお断りしています。
こう言うと、お腹の赤ちゃんに悪影響が出るからと思われがちですが、決してそうではありません。

 

妊婦さんが脱毛エステを利用してはいけないのは、赤ちゃんのためではなく、母体のためなのです。
とはいえ、脱毛エステでは薬品などを使用するわけではないので、妊娠中に脱毛エステに行ったとしても、胎児に影響は出ないといわれていますし、施術自体が妊婦に直接的に影響を与えるということもありません。
では、なぜ妊婦は脱毛エステを利用してはいけないのでしょうか?
それは、端的に言えは「何が起こるかわからないから」なのです。

 

女性の身体は非常にデリケートなものですが、特に妊娠中は、普段は何でもないようなことが体調変化のきっかけになることが少なくありません。
そのため、脱毛の施術を受けている時の何らかの刺激やちょっとした痛みなどが大きなストレスとなって母体に悪影響を与える可能性があります。
場合によっては陣痛を誘発してしまう可能性も否定できないため、万一の事態を避けるために、ほとんどのエステサロンでは妊婦を受け入れていないのです。
とりわけ妊娠初期は、母体の体調が非常に不安定な時期でもあり、体調不良を引き起こすことも考えられます。

 

妊娠中期に入るとつわりなども安定してきますが、お腹の赤ちゃんがすくすくと成長する時期なので、お腹もどんどん大きくなってきます。
妊娠後期に入ると、お腹はかなり大きくなっていて、横になって寝るだけでも簡単なことではありません。
妊娠中は、脱毛施術を受けるだけでも肉体的・精神的に大きなストレスを受けることになるので、この時期に脱毛エステを利用するのは控えたほうがいいでしょう。
こうなると、ムダ毛はそのまま放っておくか、自己処理するしかありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ